挨 拶

  私たちは、Safety(安全)・Ecology(自然環境保護運動)・Clean(清浄宣伝・啓蒙活動)の理念の下、住みよい街づくりに関心のある人々や団体に対し、助言や援助、支援を行うことにより、人々の社会参加を促し、豊かで健全な住民意識を認識・発展させること。
また、人々の交流を活性化するための事業等を行い、安全と安心を基本に、住みよいゆとりのある街づくり、社会教育の推進、子供たちの健全育成、環境の保全、地域の安全、また災害救助支援などを行うことに寄与することを目的として、特定非営利活動法人(NPO)を立ち上げました。


設立趣旨書

  日本古来の思想「和の心」また「互いを敬う心」「儒教の精神」、哲学でもある「他の人々を救うことによって自分も救われる」という「大乗利他」。志と身体が一体となってこそ真価が現れるという「一如」の誠を人類として原点から見つめ直す時期が来たように思われます。
  私たちは、「ブロークン・ウィンドウ理論」に着目しました。
  それは、アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが提唱した「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される。」との考え方です。
  これをもとに、私たちは生かされている恩恵に気づき「地球に感謝」の気持ちを常にいだき「和の心」「大乗利他」「一如」を柱に活動します。
 我々が住む「まほろばの郷・大和」を、そして日本を、この地球を愛し、次世代の子どもたちに明るい未来を残さなければなりません。
  「環境保護」「正しい行い」「思いやり」「支えあい」等の「心」を残すために、今、誰もが参加し、手を取り合って、また協力し合って、住みやすい社会(安全な街)をつくるために、各自が持っている能力や経験を充分発揮し活動していくことが、極めて重要だと感じます。
  私たちは、「教育こそ相続」、「受け継がれていく財産」だと考えます。
この趣旨に賛同する方々への「チカラ」になるため、私たちは非営利活動法人格を取得し安定的に、生涯学習、生活支援、サークル・団体活動、地域活性化、環境保全、環境美化、自然保護、次世代を担う子供たちの健全育成、防災予防を推進するとともに援助・支援・助言活動を行います。
  この活動を通して、私たちも含め次の世代が共に助け合いの精神をもち、安全で安心して暮らせる心豊かな世界を徳育し、貢献して行きます。


 特定非営利活動法人 SEC
認証申請 2009年12月24日(奈良県)
設立認証 2010年3月17日(奈良県)
登記完了 2010年5月26日(奈良地方法務局)


NPO SEC
特定非営利活動法人 SEC ( エスイ−シー )